About Us

Art de Terroir

ワインと漆が持つ共通点「自然と人との繋がり」をテーマとするブランド
『アール・ド・テロワール(Art de Terroir)』

Terroir テロワールとは、ワイン用語として使われる、葡萄畑の自然条件や風土を指すフランス語。
ワインはブドウの木から採れる果実を醸して造ります。漆はウルシの木から採れる樹液です。
ワインも漆も、自然の恵みと人の営みが呼応して生まれる甘美な世界。
触感や口当たりを重視した「ワインの新しい楽しみ方」を体感できるオリジナルワインウェアを、日本の卓越した木と漆の工芸技術を生かして作りあげ、ワインを愛する世界の人々に届けます。


【BRAND CONCEPT】
ワインと漆の共通点「人と自然の繋がり」
自然の木の恵みに人間の知恵と手仕事を重ね、日常に取り入れ、それを嗜好品として芸術の域にまで高めていくワインと漆。国境を越え、世代を越えて、共感し続けることができる普遍的な文化です。さらに、ワインと漆は、「五感で感じて楽しむ」という現代人が忘れがちな「目に見えない価値」を思い出させてくれるのです。


【『テロワール』の作り手たち】
<木地師>
木地(漆器に漆を塗る前の木の素地)は、国産のミズメザクラ。杢目が美しい木です。上質な木材がとれる季節(=冬)にまでこだわり、日本で最も高い轆轤(ろくろ)挽きの技術を持つ石川県加賀市山中で、高度な技術を持つ木地師が挽いています。

こだわりのモノづくりのために木材と木地師を見極める確かな目を持つのは、我戸幹男商店 我戸正幸氏。
我戸幹男商店は1908年(明治41年)石川県山中温泉にて我戸木工所として創業。現在の代表 我戸正幸氏は、国内外で数々の賞を受賞する実力者。ユニークな『テロワール』の開発にはもちろんのこと、「木地の山中」と言われる産地に無くてはならない存在です。

そして、ユニークで美しいデザインを形にしているのは若き優れた木地師、畑尾勘太氏。

今とこれからの日本の漆器木地を支える二人です。


<塗師>
塗師一富 三代目 冨樫孝男氏(福島県会津若松市)
漆を知り尽くし、使いこなし、漆の美しさを最大限に引き出すことのできる、極めて高い技術を持つ塗師です。高いのは技術だけではありません。新しい技法や伝統がありながら廃れつつある技法にも積極的に取り組むチャレンジ精神。個性ある作品を制作しています。
『テロワール』の心惹きつけられる美しさと艶やかな手触り、また、このコロコロと転がる形状を実現するには、冨樫氏による創意工夫が不可欠でした。ひとつひとつ手作業で、並外れた集中力で塗りあげています。

使っているのは天然漆。その中でも「艶 TSUYA」と「煌 KIRAMEKI」の仕上げには、日本の腕のいい漆掻き職人が掻いた漆にこだわります。そして時期も、最も美しく仕上がる春から夏の時期にしか塗ることができません。
それは漆が美しく硬化するためには湿度と温度が必要だから。通常はムロという湿度と温度を保持した場所において硬化させますが、この塗りは人為的なコントロールのみでは困難で、季節を選び、自然の温度と湿度の力を借りて仕上げます。まるで人肌のように繊細です。



アール・ド・テロワールは、木と漆を知り尽くした優れた作り手たちとともに、自然の営みを尊重し、寄り添って、モノづくりをしていきます。
1年のうちの限られた期間しか制作できません。お届けまでお待たせしてしまう場合もございますが、どうぞ日本の四季の移ろいを感じながら、楽しみにお待ちください。

ともに、ワインと漆の文化を醸していただけますように。


アール・ド・テロワール (Art de Terroir)
蜂須賀 紀子(ソムリエ) ・ 加藤 千晶(ウルシスト®)

Facebook : https://www.facebook.com/artdeterroir/
Instagram : https://www.instagram.com/artdeterroir/


お支払い方法について

以下の決済方法がご利用いただけます。
  • クレジットカード

    ご利用可能クレジットカードは決済画面にて表示されます。

  • 銀行振込銀行振込
  • Amazon PayAmazon Pay
Copyright © Art de Terroir. All Rights Reserved.